2008年09月14日

 

若者は何故正社員になれないのか:読書メモ

若者はなぜ正社員になれないのか (ちくま新書 728)
川崎 昌平
筑摩書房
売り上げランキング: 105840
おすすめ度の平均: 3.0
4 酔狂、道化、暗さは感じず
2 正社員とか関係なくない?
1 買うんじゃなかった
3 将来性は感じる
3 ちょっと残念


久しぶりに「すごい」本を読んだ。若年層の労働に関係する本を読む必要があって、新書の棚にあったのがこの本。
著者の川崎昌平氏は東京芸術大学大学院修了という高学歴を持ち、2年間、無職で日雇いを続けていたが、就職活動を決意、その就職活動を通じて…、みたいな内容を期待していたのですが…。

単に文筆業でも目指しているのだろう人間が、筑摩書房というブランドの名の下に、「就職」エッセイを書いているという感じを受けました。若年層の就職活動の実情を表面的になぞりたいひとにはいいと思いますが、社会学的な分析を期待したらがっかりすること請け合いなしです。私は、立ち読みですませたので買わずにすみましたが…。

タイトルの付け方など「企画力」には完敗です。新書なのでついついタイトル買いをしてしまいそうですしね。著者の文章が気に入って他の本が読みたくなったなどで、満足するひともいるかもしれませんからね。まずは、本を買い物かごに入れてもらうことが何よりも大切ですから…。
posted by machi at 16:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 読書メモ
この記事へのコメント
私はうっかりこの本を発売とほぼ同時に購入してしまいした。


でも、この本の著者って文才がありますよね?
Posted by 猪股たけし at 2008年09月18日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106544504

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。