2009年03月13日

 

遊漁船業の登録(1)登録から開業まで

「遊漁船」と呼ばれるものがあります。
いわゆる「釣船(船宿)、磯・瀬渡し、潮干狩り渡し、いかだ渡し、カセ釣りのほか、最近、流行しているシーバス(すずき)、釣りチャーターボート、観光定置網、指定された湖沼でのバス・フィッシング・ガイド等が該当」するそうです。

水産庁「遊漁船業の適正化に関する法律(遊漁船業法)の改正のポイント」より

遊漁船業の適正化に関する法律(遊漁船業法)が、平成15年(2003年)に改正されて、遊漁船を業として営むためには都道府県知事への届出で十分だったのが、、都道府県知事に遊漁船業者の登録を受けること(5年ごとに更新)が必要になったということです(初年度に登録した事業者は2008年に登録更新をする必要があるということで、ビジネスチャンスだと聞いたことがあります)。

「海事代理士.com」に遊漁船をはじめたいという質問があって、若干書き方にあまい部分があるのですが、返答してみました。

http://www.kaijidairisi.com/bbs/kaijibbs.cgi?mode=view&thread_no=2&old=&pageno=1


流れは、遊漁船業情報センターというページが比較的まとまっています。
http://www.yugyosengyo.jp/2.html

【遊漁船業務主任者】の資格を取得
→所轄の行政庁の知事に開業【登録申請】
→【登録申請による行政庁の審査が終われば【登録番号】
→【登録番号】が通知されたら【業務規程】の作成
→使用する遊漁船に掲示する標識【登録番号】及び【遊漁船業者登録票】を作成

となっています。詳しい流れは、順次紹介していきたいと考えています。
タグ:遊漁船業
posted by machi at 00:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 開業準備
この記事へのコメント
私はあなたが好きという記事だった。それは偉大にして有用な私のために!
Posted by ミュウミュウ財布 at 2012年03月16日 17:15
1983年から、ルイヴィトンスーパーコピーとアメリカの杯は協力して―アメリカの杯の前を置いてトーナメント戦の命名ルイ・ヴィトンの杯を選抜するのを創立するのを始めて、目的は出1チームの成績の最優秀挑戦の隊列を選抜するので、アメリカの杯の中で1期の衛冕船団―を迎え撃ってこれもアメリカの杯の長い間の伝統になって、アメリカの杯を勝ち取りたいならば、必ず先にルイ・ヴィトンの杯を獲得します。
このTambourアメリカの杯の航海する石英の腕時計はオーディオのカウントダウンに付いていて時間を知らせて設置して、そして異なる試合の規則によってカウントダウンの時間を知らせる長さを調節することができて、ルイヴィトンスーパーコピーそのカウントダウンの長さは1分〜10分の範囲内で設定することができます。航海界の第1の時間単位の計算として表して、それはまた(まだ)その他の2項のなくてはならない航海機能を含みます:時間単位の計算と目覚まし時計。

http://www.ilvjp.com/vuittonblog/post/412.html
Posted by ルイヴィトンスーパーコピー at 2014年09月27日 13:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115540407

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。