2007年12月19日

 

登記されていないことの証明書

海事代理士に登録するためには
結構いろいろな書類をそろえないといけなくて

あらかじめ用意しておかないといけないのは
○職印
○成年後見登記制度における登記されていないことの証明書
○海事代理士試験合格証書の写し
○戸籍抄本
○登録料3万円

現地で書くと思われるのは
○登録申請書
○宣誓書

それで、登記されていないことの証明書をというのを
取りに、法務局まで足を運んできました。
歩いていけるところにも、法務局はあるけれど出張所では取り扱っていないようで、少し遠くの法務局まで…。
法務局など、初めての場所です。
仕事をしないといけないんだけど、やらないとずるずるしちゃいそうだから、行ってきました。

手続は簡単で、身分証明書と、400円の登記印紙と、申請書を書けば
10分くらいで、戻ってきました。

登録に向けて、着々と進んでいますが、
次は、職印をどうしようかなと悩んでいます。
posted by machi at 02:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 開業準備
この記事へのコメント
こんばんは。 ̄(=∵=) ̄/
着々と開業の準備が出来ていらっしゃるようなので羨ましいです。私はまだ悩んでいます。
知り合い等のコネがありませんので・・・。
国土交通省の人と電話でお話をさせてもらった時に、コネのことを聞かれ「コネはありませんし、関連する業務に携わっているわけでもありません」と答えると、「う〜ん、それだと開業するのは難しいかも知れませんね〜」と言われました。その後続けて「海事代理士会の人に相談されてみてはいかがでしょうか」とも言われましたけどね。
machiさんはコネ等があるのでしょうか?
Posted by うさちゃん ̄(=∵=) ̄ at 2007年12月21日 23:46
私も知り合いのコネはありません。
ただ、いろいろ足で稼いでいけば、ひとつやふたつあるような気がしています。そのためにブログを書いているのです。
ただ、狭い業界でパイも限られている、その中で戦っていくのは相当の戦略がいると思っています。
おそらくは兼業になるでしょう。会社が許せばですが。
Posted by go at 2007年12月26日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。