2007年12月28日

 

兼業規定

職印が届いたら、すぐにでも申請をしたいところなのですが
他のことも忙しいので、
海事代理士の登録申請に出向くことが難しく
年明けの登録申請となってしまいそうです。
(地方運輸局も、少し遠いところにあるので)

さて、ひとつひっかかることがあります。
海事代理士は、開業を前提とした資格であることもあり、
登録をすると税務署に開業届を出さないといけないとか(まだ未確認)
という手続き上の話もあるのですが
会社の就業規則に「副業禁止」の項目があって、これとの兼ね合いを
どうしようかなと、会社に相談することにしました。

小さな会社なので、直接役員との交渉だったのですが
試験のことも、一切言っていなかったので
「そもそも海事代理士って知らないよ」というところから始まり
行政書士のようなものだということは理解して頂きました。

結論として
会社の利益と相反する仕事でもないため
登録をするのは、早めにしたおいた方がよいのかもしれないし、かまわない。
ということで、無事に登録をすることができるようになりました。
ひとこと「もっと、会社の業務に関係のある資格を取ってくれよ…」とは話に出ましたけれどね。
あと、役員の顔を見る限り、相談を事前にしてもらいたかったというような顔をしていた気がしましたが。

そもそもマイナーな資格なので、
何をするのもわからないことばかり…。

参考:会社に内緒で副業。会社にばれた場合解雇される?
http://www.hou-nattoku.com/consult/150.php
posted by machi at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開業準備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。