2008年03月27日

 

船上でのブロードバンド環境

通信衛星のJSATが提供している、船上ブロードバンドの「Mega Wave Marine」についての解説記事が掲載されていた。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/03/25/mwm/index.html

現状の船舶での通信手段は、船舶電話かFAXが利用の中心。
回線は、衛星を使ったNTTドコモのワイドスターやインマルサットによって通信が行われている。
ただ、問題があり、通信速度が遅いということと、価格が高額であることから船舶のIT化が進まない状況にあるという。

たとえば、ウィルスソフトの定義ファイルやOSの更新も、
通信環境が悪いため中断されることが多く、船上での通信は使わないという運用になりがちなようだ。

それに対してのソリューションとしてJSATは最大3Mbpsの通信速度を提供する「Mega Wave Marine」を2006年から提供しているという。
詳しくは、記事を読んでいただけたらと考えますが。

少なくとも、観光で船旅をしたいといっても、ネットワーク環境がないと敬遠してしまうひとも多いでしょうから。
このような設備が普及していくことは必要だと感じます。
posted by machi at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91168226

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。