2008年04月15日

 

続・マリタイムアクセス情報

きょうは、引き続きマリタイムアクセスの話題です。
本来、4月1日から実施されているはずの、この事業、ネットを徘徊しているだけでは具体的な内容が見えてきませんが、発見した情報をいくつか紹介します。

日本財団の助成団体一覧、日本海事代理士会の項です。
http://nippon.zaidan.info/dantai/009966/dantai_info.htm

昨年度(2007年度)「海事関係者等のための情報支援システムの構築」で\3,100,000の助成を受けていますが、今年度(2008年度)も\4,400,000の助成を受けることになっているようです。

マリタイムアクセスの具体的な内容を記述したページを見つけました。
愛媛県の行政書士前田路瑠事務所のサイトです。海事代理士業務も行っていらっしゃるとのことです。
http://home.e-catv.ne.jp/solicitor-office/maritime.html

主なところは、
□窓口での書面提供、口頭での概略説明(すでに窓口研修というのがあったという情報もあります)となっていて、メール、FAX、電話での説明は原則行わない。
□説明は、原則15分程度、この範囲を超える場合は、後日総合インフォメーション(本部のことでしょうか?)から書面による情報提供をおこなう。

また、追加情報があれば、提供いたします。
posted by machi at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開業準備
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93496466

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。