2008年04月28日

 

まるごと船と港!

海事関係者と今後、話をするにあたって、基礎知識がないとどうしようもないだろうということで、本を少しずつ読んでいる。
『まるごと船と港』という本を読んだ。商船三井の調査室を経て、流通科学大学の教授をされている森隆行先生という方が書いた本です。

「船と港」というタイトルだけあって、船や港、船舶の航行についての知識が一通りつく本だと思う。「港」に思い入れを持って書かれている本のように見受けられた。港を活性させることが、日本の海運業界にとっても重要な要素となると考えているのだと思いました。

個人的には、船の「揺れ」が6種類あって、それぞれが英単語になっているというのがよかったのですが…。
□横揺れ:rolling
□縦ゆれ:pitching
□左右ゆれ:yawing
□上下動:heaving
□左右動:swaying
□前後動:surging

ちなみに、著者のウェブサイトもあるそうです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~t-mori/

ビジュアル図解まるごと!船と港 (DO BOOKS)
森 隆行
同文館出版
売り上げランキング: 61440

posted by machi at 23:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | 読書メモ
この記事へのコメント
補足します
個人的には、船の「揺れ」が6種類あって、それぞれが英単語になっているというのがよかったのですが…。
□横揺れ:rolling ただの横揺れ
□縦ゆれ:pitching  船首部が波を叩く
□左右ゆれ:yawing 波での船首揺れ
□上下動:heaving ヒービング、デッピング
         船体が上下に引っ張られる 
□左右動:swaying 船体横平行揺れ
□前後動:surging そのとおり
サッギング 波と波との中央部で船首と船尾が持ち上がる
ホッギング 波の通過時の船体中央ぶ持ち上がり
レーシング プロペラ空転
私もこの本を見ましたが海運の事は詳しいようですが、船のこと(船体)は素人のようです?   
Posted by ためらい傷 at 2008年04月29日 22:08
すいません(タバコ?)。
なんか同じコメントを2回も書いちゃったですよ。
消しといてくだされ〜
Posted by 的中くん at 2008年04月30日 01:53
>>ためらい傷さま
コメントありがとうございました。
補足まで付け加えていただきまして、重ねてお礼申し上げます。
なるほど、補足をいただくと、どのような航行状態でゆれているのかイメージできます。
指摘されることは、素人のわたし(わたしは海運も船も素人です)も同じように感じました。「船と港」というタイトルなのに第1章が「港」について書かれていましたしね。
素人には、手ごろでとっつきやすい本だとは感じましたよ。

>>的中さま
コメントありがとうございました。
コメント欄、確認がちょっと不具合があるときがありますね。ひとつはわたしで消しておきます。
Posted by machi(go) at 2008年04月30日 14:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95016423

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。