2008年05月01日

 

海運大手三社の2008年3月期決算

海運大手3社の2008年3月期決算が出揃ったことで、各社が記事として報道していた。
産経が一番きれいにまとまっていた感があるので、紹介。

FujiSankei Business i:「海運大手3社最高益 ばら積み船需要拡大などで」
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200804260011a.nwc

【売上高】
日本郵船:25,486億円
商船三井:19,456億円
川崎汽船:13,310億円
【営業利益】
日本郵船:2,020億円
商船三井:2,912億円
川崎汽船:1,296億円


【経常利益】
日本郵船:1,984億円
商船三井:3,022億円
川崎汽船:1,258億円

プラス要因は、鉄鉱石などを運ぶばら積み船の需要が鉄鋼生産を急拡大している中国向けを中心に増えたことで、マイナス要因は、円高や燃料高によるものということです。
ちなみに、2009年3月期の業績予想については、日本郵船は、増収増益を見込んでいますが、商船三井と川崎汽船は増収ながらも若干の減益を見込んでいるそうです。

こういった企業業績の記事から、自分なりの分析が出せるようになりたいですね。

日経では、三社各社ごとの記事も掲載されています。
「郵船の前期、連結営業益93%増――今期は6%増予想で年26円配」
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/gyoseki.aspx?site=MARKET&genre=m3&id=AS3L2503O%2025042008
「商船三井の前期、連結営業利益73%増――今期は4%減見込む」
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/gyoseki.aspx?site=MARKET&genre=m3&id=AS3L2503T%2025042008
「川崎汽の前期、連結営業益2.1倍の1296億円――不定期船運賃上昇」
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/gyoseki.aspx?site=MARKET&genre=m3&id=AS3L2503S%2025042008
posted by machi at 02:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海事業界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95250739

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。