2008年05月04日

 

リクルートのDNA【読書メモ】

GW期間中につき、読書が続いています。
本日は、リクルート創業者江副浩正氏の『リクルートのDNA』を読破。
非常に有名な方ですし(世間を非常に騒がせたということもありますが)、角川から出ている新書なので、近所の本屋にあるかなと何件か回ったのですが、私の住んでいる自治体で一番大きい書店にいってやっと発見という始末、amazonで購入したほうがよかったと思うと同時に、新刊の点数が急激に増えているのか、少し古い本だとなかなか在庫をとっておかないのかなと感じました。

本自体は、江副氏の考える起業家精神を、いままであってきた名起業家、たとえば松下電器産業の松下幸之助氏、本田宗一郎氏などから得た言葉から、自分自身の感想を語り、また、リクルートの創業期から、拡大期の回想が中心です。
リクルート出身のひとの本をいま、三冊めに入っているのですが、どこかで、会社自体が人材輩出企業であり、卒業した人材が、各所で活躍している、また、内部でいる人材も非常に、多士済々というような言い方をするのが非常に共通点として感じています。このような人材を集めるような仕組みが、個人的にはリクルートの強みであるというような印象を受けます。
そういった多士済々の人材を、スカウトしてきて、ひとつの目的によって、それぞれが自分の才能を活かしながら、かつメンバーと強調し、競争し、成果を挙げていき、かつ、「卒業」(リクルートでは退職のことをそのように呼ぶそうです)しても、やっていけるようにする、卒業していった人間も、リクルートに貢献するというサイクルが回っていることがリクルートの強みではないのかなと感じています。

本人は、「凡庸な人間」と本の中に書いてあり、そういう人間でも、何かをなすことができるというメッセージなのでしょう。
それに対して、少し感じることがあって、私は、本人が凡庸な人間で、あっても「ネットワーク」を活かせば、大きなことができるのであると感じました。ある意味「リクルート事件」というのもその結果なのかもしれませんが。

リクルートのDNA―起業家精神とは何か (角川oneテーマ21 A 61)
江副 浩正
角川書店
売り上げランキング: 2045
おすすめ度の平均: 4.0
3 ドラッガーはやっぱりいいですね。
4 もう1度読んでみたい本
5 社員を信頼し、社員の満足度を高めることが、企業が成功する秘訣。
3 ビジネスパーソンは読んでおきたい
2 もう少し何かあるはず

posted by machi at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95652730

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。