2007年12月28日

 

兼業規定

職印が届いたら、すぐにでも申請をしたいところなのですが
他のことも忙しいので、
海事代理士の登録申請に出向くことが難しく
年明けの登録申請となってしまいそうです。
(地方運輸局も、少し遠いところにあるので)

さて、ひとつひっかかることがあります。
海事代理士は、開業を前提とした資格であることもあり、
登録をすると税務署に開業届を出さないといけないとか(まだ未確認)
という手続き上の話もあるのですが
会社の就業規則に「副業禁止」の項目があって、これとの兼ね合いを
どうしようかなと、会社に相談することにしました。

小さな会社なので、直接役員との交渉だったのですが
試験のことも、一切言っていなかったので
「そもそも海事代理士って知らないよ」というところから始まり
行政書士のようなものだということは理解して頂きました。

結論として
会社の利益と相反する仕事でもないため
登録をするのは、早めにしたおいた方がよいのかもしれないし、かまわない。
ということで、無事に登録をすることができるようになりました。
ひとこと「もっと、会社の業務に関係のある資格を取ってくれよ…」とは話に出ましたけれどね。
あと、役員の顔を見る限り、相談を事前にしてもらいたかったというような顔をしていた気がしましたが。

そもそもマイナーな資格なので、
何をするのもわからないことばかり…。

参考:会社に内緒で副業。会社にばれた場合解雇される?
http://www.hou-nattoku.com/consult/150.php
posted by machi at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開業準備

2007年12月26日

 

職印

海事代理士の職印をつくるために
近所のハンコ屋に…、と思っていたんだけど
ネットで購入すれば、安いのがあるのではないかということで
いろいろと探してみました。

行政書士法施行規則
(職印)
第11条  行政書士は、日本行政書士会連合会の会則の定めるところにより、業務上使用する職印を定めなければならない。

とあるのですが、海事代理士でも同様の職印をつくらないと登録できないみたい。

海事代理士法
(業務に使用する印章)
第20条  海事代理士は、その業務を行うにあたつて印章を使用するときは、第9条第1項の規定により登録をうけた印章によらなければならない。

ネットでいろいろ調べてみたんですが、
実際のサンプルなんて、当然ないのですよね…。
行政書士のサンプルは、こんな感じのものがありました。
http://www.osaka-gyosei-kyodokumiai.com/mediate/seal.html
角印で15mmらしいです。

ちなみに、東京行政書士会では
○一辺が15mm〜24mmの正方形・角印
○様式は縦書きで「行政書士○○之印」
という規定があるようです。
これは、各都道府県の行政書士会で厳しかったり緩かったりまちまちみたい。海事代理士会は強制会ではないし、特に規定もないようです。

わたしは、15mmのものを買うとして、結局楽天で検索して
1950円の下のサイトで買うことにしました。
近く届くので、又ご報告します。
株式会社いいはんこやどっとこむ
posted by machi at 22:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 開業準備

2007年12月19日

 

登記されていないことの証明書

海事代理士に登録するためには
結構いろいろな書類をそろえないといけなくて

あらかじめ用意しておかないといけないのは
○職印
○成年後見登記制度における登記されていないことの証明書
○海事代理士試験合格証書の写し
○戸籍抄本
○登録料3万円

現地で書くと思われるのは
○登録申請書
○宣誓書

それで、登記されていないことの証明書をというのを
取りに、法務局まで足を運んできました。
歩いていけるところにも、法務局はあるけれど出張所では取り扱っていないようで、少し遠くの法務局まで…。
法務局など、初めての場所です。
仕事をしないといけないんだけど、やらないとずるずるしちゃいそうだから、行ってきました。

手続は簡単で、身分証明書と、400円の登記印紙と、申請書を書けば
10分くらいで、戻ってきました。

登録に向けて、着々と進んでいますが、
次は、職印をどうしようかなと悩んでいます。
posted by machi at 02:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 開業準備

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。