2009年03月01日

 

平成20年海事代理士試験筆記試験模範解答の誤りについて

前々回の「平成20年筆記試験『海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律』の解答の誤り?」の続報です。

http://blog.kaijidairishi.com/article/114263631.html

Realとのやり取りでは公表しないような流れでしたが、国土交通省海事局は、結局誤りを公表したようです。以下、報道発表資料(ウェブサイト)からの引用です。
http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji09_hh_000010.html


1.誤りのあった箇所
科目:海上汚染等及び海上災害の防止に関する法律(海防法)
設問:問2((1)から(5)の文章のうち、正しいものには○を、正しくないものには×を記入する。配点:各1点)
(3)廃油処理業者は、廃油の処理の料金その他の廃油の処理の引受けの条件について廃油処理規程を定め、あらかじめ、国土交通大臣の許
可を受けなければならない。【当初の模範解答:○】
2.誤りの内容
現行の海防法第26条において、廃油処理規程は事前届出制であるため、国土交通大臣の許可を受けなければならないとしている問2(3)の設問は「×」が正しい解答であり、当初の模範解答の「○」は誤りでした。
3.合否への影響
模範解答を修正した上で再度採点したところ、海防法の平均点が上がり、これにより合格基準である平均正答率が当初の66.14%から66.29%となりました。これを踏まえて、合否の判定を見直した結果、新たな合格者及び不合格者が出ることはなく、合否への影響はありませんでした。


今後は、試験作成及び採点について、二重チェックを徹底すると言うことらしいですが、現状のチェック体制ってどういう状況だったのでしょうね…。

posted by machi at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海事代理士を知る

2009年02月15日

 

平成20年筆記試験「海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律」の解答の誤り?

海事代理士試験対策講座を実施しているNPO法人Realが、平成20年の海事代理士試験の模範解答に誤りがあるのではないかと、ブログ上で公表しています。

http://ameblo.jp/real-ssk/entry-10208102548.html

海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の模範解答に誤りがあるということです。以下、引用します。

2.次の文章のうち、正しいものには○を、正しくないものには×を解答欄に記入せよ。
(3) 廃油処理業者は、廃油の処理の料金その他の廃油の処理の引受けの条件について廃油処理規程を定め、あらかじめ、国土交通大臣の許可を受けなければならない。
(中略)
本条文(第26条第1項においては、廃油処理規程を定め、あらかじめ、国土交通大臣に「届け出」なければならない。と規定されており、
問題中にある「許可」受ける必要はなく、解答は正しくないもの、すなわち「×」であると考えられます。
しかしながら、上記模範解答に掲載されているものは「○」になっており、模範解答又は出題の誤りではないかとの結論に達しました。


Realの担当者が、確認したところ、担当官はミスを認めて「合否に影響を及ぼさない軽微な事案であることから、公表は行わない方向である旨の回答」を得たようです。
資料が手元にないので、記憶に頼ることなのですが、数年前(平成13年?の造船法?)にも出題ミスか何かがあって、訂正をした旨を公表していると思うので、もしかしたら最終的には、公表するのかもしれません。

試験結果には、影響を及ぼさない事案であるようですが、今後の動きを見ていくことが必要そうです。
posted by machi at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海事代理士を知る
 

第2回ふね検

以前、このブログでも紹介した「船の文化検定」、略して「ふね検」。
某財団法人のおかげで、「検定」に対する風当たりが強いこのごろですが、第2回が実施されると言うことです。

http://www.kazi.co.jp/public/book/huneken/huneken.html

申し込みは、インターネット経由でも可能です。3月4日(水)が締め切りということです。
http://www.kentei-uketsuke.com/entry_huneken.html

【試験日】
平成21年3月14日(土)
【試験会場】
小樽市・室蘭市・仙台市・新潟市・東京都・横浜市・名古屋市・大阪市・広島市・高松市・北九州市・那覇市

次回は、7月12日(日)に開催されて、中・上級の試験も実施されると言うことです。中・上級は、初級に合格することが要件と言うことなので、今回受けることで、次回は中・上級に挑戦できるということみたいです。
今回は、スタッフによるオフィシャルブログも開設されていて、気合いが入っている印象を受けますね。私も、取材したいです(笑)
http://funeken.blog9.fc2.com

公式問題集も発売されています。合格のためには一読する必要があると思います。例題も掲載されていますが、私は戦艦「大和」が建造された軍港くらいしか解けませんでした。

船の文化検定 ふね検試験問題集 初級
船の文化検定委員会
舵社
売り上げランキング: 161960

posted by machi at 03:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 海事代理士を知る
 

海事代理士ブログ(その2)

ときどき読んでいた某海事代理士のブログが閉鎖されていた…。
この不景気で仕事がなかったのかなとも感じた。
実際のところは、分からないけれど…。

合格発表があり、開業希望者は準備を始めているのか、新しい海事代理士ブログがいくつかはじまっているのでご紹介したいと思います。
(事前に許可は取っていませんので、問題があればご一報ください)

海事関連の方が資格を取得してブログを始められているのが、今までなかった傾向でしょうか。海事と言っても、マリンレジャーから造船、水産関連まで幅広いですから、もっと多くの方が情報発信したら良いと思いますね。

「味村海事代理士事務所のブログ」
http://ameblo.jp/iwakuni-kaiji/
船具屋を営んでいる海事代理士のブログ。
「海の代書屋、ここにアリ!」
http://m-k-daigan.cocolog-nifty.com/blog/
船員兼海事代理士のブログ。
「ぴゆのブログ」
http://ameblo.jp/piyu-kaiji/
某掲示板でも話題になっている試験対策ブログ。

結構いろいろなブログをチェックしているのですが、実務に関する記事があったり、就職活動で「海事代理士を持っている」と面接官と話をしたなど、海事代理士の具体的な活用法の参考になるものがあります。
ということで、ブログございましたらご紹介させて頂きますので、ご一報くださいませ。

私は、またしばらく徹夜の日々が続きます。
早く年度があけないですかね…。
posted by machi at 01:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | 海事代理士を知る

2008年09月10日

 

読書メモ:社長! この「直言」が聴けますか?

社長! この「直言」が聴けますか?
千田 琢哉
日本実業出版社
売り上げランキング: 55519


船井総合研究所の千田琢哉コンサルタントが書いた、組織改革の本、社長、ナンバー2、後継者をターゲットにして書かれている。
いままで、延べ3100人の経営者と接触してきた経験から、語っており、「社長にごまをする社員ばかりだと会社がつぶれる」だとか「社長が約束を守らない会社はつぶれる」などといった、よく聞く話のオンパレードで、特に目新しい知見が得られるかどうかはわかりません。

個人的に感心したのが、愛された経験のない社員は、入社させるべきではないみたいな下りがあって、それを見極めるための質問があるという。「いままで、親友や恋人、配偶者に『これだけは直してほしい』といわれたことを具体的に挙げてほしい」と尋ねるもの(文面は少し変わっています)。確かに、経験がなければ、なかなかすんなりと答えられそうにないと感じました。

特にデータによる裏付けはないので、読み物の範疇なのかもしれませんが、自分の会社組織に疑問を持ったときに、読んでみて自分の会社と一致するところがあるかどうか考えてみるのもいいかもしれません。


posted by machi at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海事代理士を知る

2008年08月31日

 

海事代理士のまつ消

中部の例の事件のその後です。
海事代理士登録がまつ消となったということです。

海事代理士法から
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26HO032.html

(欠格事由)
第三条  次の各号のいずれかに該当する者は、海事代理士となることができない。
一  未成年者
二  成年被後見人又は被保佐人
三  禁錮以上の刑に処せられた者であつて、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつてから二年を経過しないもの
四  国家公務員法 (昭和二十二年法律第百二十号)、国会職員法 (昭和二十二年法律第八十五号)又は地方公務員法 (昭和二十五年法律第二百六十一号)の規定により懲戒免職の処分を受け、当該処分のあつた日から二年を経過しない者
五  第二十五条第一項の規定により登録の抹消の処分を受け、その処分の日から五年を経過しない者

(登録のまつ消)
第十二条  左の各号の一に該当する場合には、地方運輸局長は、海事代理士の登録をまつ消しなければならない。
一  海事代理士が業務を廃止したとき。
二  海事代理士が死亡したとき。
三  海事代理士が第三条第二号から第四号までの一に該当するに至つたとき。

中部運輸局:海事代理士の登録のまつ消について(2008年8月11日記者発表)
http://www.mlit.go.jp/chubu/kisya08/kaisin080811.pdf
中部運輸局:海事代理士の登録のまつ消について当局が行った発表に関するお詫び(2008年8月27日記者発表)
http://www.mlit.go.jp/chubu/kisya08/kaisin080827.pdf

海事代理士のまつ消の通知が本人に届く前に、記者発表をしてしまったことについて、お詫びしています。
posted by machi at 17:36 | Comment(7) | TrackBack(0) | 海事代理士を知る
 

海事代理士会webサイト更新

このサイト、こまごまと海事代理士関連の情報を載せているのですが、久しぶりに本家「社団法人海事代理士会」のサイトも更新されております。

最新情報には、
http://www.nihon-kaiji.or.jp/j-0.html

□平成20年度中央研修会について
□平成20年度第1回関東支部研修会の開催案内

は既にサイトにご紹介した通りですが、

□日本財団助成事業 マリタイムアクセス窓口を 平成20年4月1日始動
として、マリタイムアクセスの開始が公式にアナウンスされております。リーフレットも見られるようになるようです。楽しみですね。

少し、遅くなってしまいましたが、新会長の「ごあいさつ」も掲載されています。
http://www.nihon-kaiji.or.jp/aisatu.htm

新会長の松居紀男会長は、近畿支部の海事代理士先生ですが、ウェブサイトをみると、行政書士も取得しており、物流関連の許認可に強いという印象を受けました。
http://www.ms-ofc.co.jp/

注目すべきは、倉庫業関連の業務を扱っているということです。業務拡大のために、資格を増やすということはよくありますが、既得の資格に活かしたかたちで、業務拡大している例をあまりみません。
この場合は、海運関連の許認可を取る流れで、倉庫業関連の許認可を扱うのは、素人目からしてもイメージがつきやすく、クライアントとしてもありがたい業務拡大の方法だと感じました。

国土交通省中部運輸局「倉庫業とは」
http://www.mlit.go.jp/chubu/kikaku/soukogyou/souko.htm
posted by machi at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海事代理士を知る

2008年04月26日

 

海事代理士になるには

「海事代理士とは」で海事代理士とはどういった職業か、簡単説明させて頂きました。さて、海事代理士になるにはいったいどうすればのでしょうか?
海事代理士になるには、大きく2つの方法が用意されています。
□海事代理士試験に合格する
□国土交通大臣の認定を受ける

毎年、国土交通大臣による、試験が行われており、これに合格する方法が一般的です。試験は、筆記試験と口述試験と二段階の試験が実施されています。

国土交通大臣の認定については、「行政官庁において10年以上海事に関する事務に従事した者であつて、その職務の経歴により海事代理士の業務を行うのに十分な知識を有していると国土交通大臣が認めたもの」とされています。
posted by machi at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海事代理士を知る
 

海事代理士とは

海事代理士は、海や船にかかわる行政手続き、また手続きにかかわる書類作成の代行を仕事とする職業です。行政書士に業務の内容が似ており、よく「海の行政書士」と呼ばれています。
たとえば、ボート免許の更新手続きを代行するといったことを海事代理士は引き受けます。
また、海事代理士の主な業務として船舶の登記があげられます。登記は司法書士が業としていますが、船舶については海事代理士も代行することができます。よって「海の司法書士」とも呼ばれています。
青木雄二氏の漫画『ナニワ金融道』海事編のエピソードで、主人公灰原に力を貸す海事代理士落振県一(おちぶれ・けんいち)が登場し、多くの人に知られるようになりました。

海事代理士は、国家試験または、国土交通大臣の認定により有資格者となり、各運輸局の登録をすることで業務をすることができます。登録者数は約1300名といわれていますが、死亡者や行方不明者も含まれるそうです。
また実際に業務をしている海事代理士は半数以下とも言われています。
ボート免許の所有者、船員などの個人の顧客もいますが、造船所や海運会社などの海事関係の企業も顧客としています。
主に港や造船所など、海の近くで、事務所を開設して仕事をしています。

□全国海事代理士登録者数(出所:日本海事代理士会など)
平成11年7月:784名
平成16年3月:956名
平成17年3月:1007名

□海事代理士法 第1条(業務)
海事代理士は、他人の委託により、別表第一に定める行政機関に対し、別表第二に定める法令の規定に基づく申請、届出、登記その他の手続をし、及びこれらの手続に関し書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。)の作成をすることを業とする。

海の仕事.com:海の安全を守る [海事代理士]
http://www.uminoshigoto.com/protect/substitution_person.html
海事代理士法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26HO032.html
海事代理士法施行規則
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26F03901000042.html

ナニワ金融道 (9) (講談社漫画文庫)
青木 雄二
講談社
売り上げランキング: 15684
おすすめ度の平均: 4.5
4 人生の参考書
5 勉強になった

タグ:海事代理士
posted by machi at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海事代理士を知る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。